なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2018年1月17日の今日の一杯

東京都府中市府中本町

2017年12月22日オープン。府中・国分寺に店舗展開する麺創研グループの新店。こちらは府中本町駅近く、移転した「麺創研 紅 BLACK」の居抜きでオープン。ワンオペ、カウンター6席の小さなお店だが、厨房やカウンターにはステンレスを多用、設備は整っており非常に綺麗で洒落ている。

基本の「塩SOBA」の他、曜日別に火曜は「姜(KYO)」、水曜・土曜は「燻(IBUSHI)」、木曜は「梅(BAI)」、金曜、日曜「香(KAORI)」の4つのバリエーション(クワトロ・バリエ)の「塩SOBA」が用意されているが、こちらは各日10食限定となっておりハードルが高い。訪問した日は日曜日、「塩SOBA 香(KAORI)」(トリュフオイルに自家製トリュフワンタン)の日であったが、残念ながら既に売り切れ。通常の「塩SOBA 味玉」(850円)をいただいた。

駿河シャモ(静岡)の丸鶏と日向鶏(宮崎)を主食材に海塩・岩塩・湖塩を用いたスープはキレがある絶妙なバランス。北海道産小麦『キタノカオリ』にフランスパン専用の小麦粉などを独自ブレンドしたという自家製麺は、低加水寄りの中細のものでしなやかで歯切れのよいもの。三つ葉の上にはカツオ節?がのっており、まぜるとちょっとした味変も楽しめる。

スープはクセがなく曜日限定のバリエーションでひとクセあるものに変化していくのだろうか。次回は早めに行って曜日限定の「塩SOBA」をいただいてみたい。

お店データ

塩SOBA クワトロ・バリエ

東京都府中市本町1-9-41(府中本町)