なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「海海らーめん」@海海らーめん 桑名店の写真9月某日、夜、本日は名古屋へのアテンド出張最終日、予定より早めに上がれたので夜ラーに先の「らぁめん登里勝」からの連食で、折角だからして三重にもうひとつ足跡を残しておきたい。突撃したのは先の店に来る途中で見つけたこちらの店。

スマホ情報によると愛知県愛西市発祥のラーメンチェーン店で、三重では今のところこちらのみの進出店らしい。店名は「うみうみ」では無く「かいかい」と読む模様で、好みの豚骨ラーメンと言う事なので突撃してみる。

18:20着、先客1名、カウンター席に着座、後客無し。取りあえずメニュー表(メニュー写真)検討、「アジアンらーめん」や「火の海らーめん」が気になるところではあるが、ここは左上にして店名を冠した“海海らーめん”(700円税込)でイッテみる。

この一杯、能書きでは「部位の異なる骨からだしたそれぞれのスープを合わせた濃厚Wスープ!!独自の返しダレで仕上げ、若干スパイシー!!」とある。この辛味はお子様向けで抜きにも出来る様だが、当然辛いモン好きなのでOKだ。厨房は若い店主?のみのワンオペ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、揚げ背脂、白髪と刻みのネギが、白っぽい豚骨スープに乗っている。見た目はチョイと「スガキヤラーメン」に似ている。

スープから。油浮き少な目の豚骨スープは所謂シャバ系のサラサラした口当たりで、うっすらと豚骨のコクが味わえる。先に「らぁめん登里勝」で実に濃厚な一杯を食った後なので、そのコクが薄目に思われるのは致し方ないが、キレのある唐辛子系の辛味があって凄くイイのだ。このプチ・スパイシーさが意外とイケたりする。合わせられたカエシの塩分濃度はやや高め、課長のウマミもイイ感じ。なかなかイケるスパイシー豚骨スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中細麺。メニュー表には「中太麺」とあったが、中加水の黄色味がかった細麺で、この辺りも「スガキヤ」を思わせるところ。茹で加減硬めが良く、ゴワパツとした食感がイイ。スパイシー豚骨スープもサラッと絡んでイイ。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは小ぶりながらも肉厚な豚バラチャーシュー、角煮の様な甘醤油の味付けで柔らかくホロホロで実に美味い。メンマは薄醤油味付けのサクサク食感、普通に美味い。揚げ背脂は文字通り背脂をカリカリに揚げたモノ。甘味があって香ばしくてイイ。白髪と刻みのネギの2種のネギは良好なネギ薬味として機能している。

スープ完飲。名古屋からの帰りの時間調整で夜ラーに桑名での「らぁめん登里勝」からの連食で突撃したこちらの店での「海海らーめん」。それはサラサラッとしたシャバ系豚骨スープながらも、ビリッとした唐辛子系と思しきの辛味が効いており、イメージとしては魚介風味を抜いたスガキヤのラーメンをスパイシーにした様なテイストでチョイと新鮮な味わい。正直、桑名でノーマークの店だったが、意外とイケたりした、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「背脂らーめん」@らぁめん登里勝の写真9月某日、夜、本日は名古屋へのアテンド出張最終日。アテンドが予定より早めに上がれたので、昼ラーに「中華そば 鶴舞一刻屋」で食った後、帰りの「しなの」まで時間があるからして三重まで「快速みえ」で20分、チョイと足を伸ばしてみる。突撃したのはこちらの店。

桑名にある現在ラーメン店総合ランキングRDB2位に位置する店。何でも元々は寿司屋だったと言う店で、三代続く寿司屋の寿司職人が作るラーメンに興味がある。

17:45着、シャッターズ、18:00の開店と同時にカウンター席に着座、後客5名。スタンバる間に店のサイトチェック、店外メニュー(メニュー写真)でデフォと思しき「醤油らーめんには我が宗教上NGの鶏チャーシューが入っている模様なので「初めての方のオススメ」と言う“背脂らーめん”(800円税込)でイク。

桑名と言えば「焼きハマグリ」、券売機(メニュー写真)でトップの「はまぐり塩らーめん」は休止中で、件の品をプッシュ。寿司屋らしいウリの「焼きサバ寿司」も気になるが、この後連食予定なのでパス。店内にはその焼きサバと思しき香りが漂っている。今回の一杯、実は「当店人気ナンバー1のラーメン」という事。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、メンマ、岩ノリ、ミズナ、五色あられ、フライドオニオンが、粗めの背脂が適度に浮く醤油スープに乗っている。

スープから。多めの背脂が浮くスープは丁寧に炊き出された豚ガラ?メインでの動物系の旨味とコクがどっしりと横たわり、多めの煮干粉も混じっての濃厚な魚介の風味も重なり、加えて背脂の甘味も加わって重厚なテイストが充満している。魚介はどこか煎った様な香ばしさを感じる。兎に角動物と魚介の旨味がたっぷりと詰まっている。イイのである。合わされた醤油のカエシの塩分濃度はやや高めも、キリリと締まった醤油のキレと塩味が濃厚な素材の旨味をかっちりと捉えていて信州人には全く問題無し。濃厚な動物系と魚介系の旨味を存分に楽しめる実に美味い醤油スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。茹で加減硬めが良く、歯切れのあるツルパツとした食感が実にイイ。自家製麺という事でうっすらと小麦の旨味も味わえる。細麺に背脂や煮干粉も良く絡み、スープの旨味もたっぷりと纏ってくる。麺とスープの一体感が素晴らしい。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚のロースとモモの2種類チャーシュー。共に薄味付けが実に良く、ロースは肉質感のある柔らかな噛み応え、モモ肉もパサつき無くしっとりとした歯応えがあり、テイストのビミョーに違う豚肉の旨味を楽しめる。メンマは塩味の効いた醤油ダレの味付け、サクサクとした食感がイイ。岩ノリは濃厚な磯風味をスープに散りばめる。これ、ポイント高い。ミズナはサッパリとしていて塩味の効いたスープの口直しにイイ。五色あられは香ばしく、不思議とこのスープに良く合う。フライドオニオンの香ばしい甘味がスープの塩味を和らげる。

スープ完飲。名古屋への出張の夜ラーに突撃したこちらの店での「背脂らーめん」。それはラーメン好きが高じて転身したと言う元寿司屋の職人店主が繰り出す珠玉の一杯。背脂を伴った動物系の旨味、芳ばしさの立つ魚介の風味、塩味の効いた醤油のカエシのコクと、食感良好な自家製麺がバランス良く一体化した濃厚醤油ラーメンで、期待以上に美味かった。兎に角動物系、魚介系、カエシのコクの濃厚なテイストのバランスがしこたま良好で、わざわざ三重まで来た甲斐のある非常に完成度の高い一杯であった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干し醤油らーめん…820円+焼きサバ寿司(2個)…250円」@らぁめん登里勝の写真2019.10.14昼2 今年はあまり足を運べておらず、昨年末以来レギュラーメニューを食べていなかったので連食。尚、調べてみたらエグニガやら全量やらの変態煮干シリーズを除けば、醤油をオーダーするのは2014年12月以来のよう。

その5年前から既に煮干押せ押せなベースだったが、更にその印象は強く。それでいて醤油の芳香も生き生きと立っており、煮干と醤油のいずれにも傾かないバランス感覚には舌を巻く。

柔らかな中に弾けるようなコシがある自家製中細麺との相性も上々だが、もう1つ上のステージに行けそうな伸び代も。もちろん現時点でも美味しいとは思うが、麺とのマッチングで言えば醤油よりも塩用って思えてしまうというか。ただでさえ数種類の麺を日々打つ中では困難を極めると思うが、醤油専用の麺が出たら鬼に金棒なのでは。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「香露中華…1000円」@らぁめん登里勝の写真2019.10.14昼1 10/14(月祝)~18(金)まで(定休日除く)の各日昼夜10杯ずつ限定の提供。東海三県 自家製麺活性化プロジェクト【新章】今年のお題目「香露」が4か月ぶりの再登板。

基本的な構成は同じだが、前回はうどん粉と半々だった麺を今回は桑名もち小麦のみのシングルに。麺の角の丸まり方を見ても前回より滑らかな仕上がりである事が見て取れるが、口にすると真に唇を滑り落ちるかのような艶やかさに驚愕。

つゆも煮干とたまり醤油という極めてシンプルな構成ながら、麺をこれ以上ない程に引き立てている。それから、地味な変更だが豚チャ&鶏チャの2種コンビから豚3枚になり、油脂感が増して全体に少しワイルドになった点にも触れておこう。

別皿で供されるネバネバ度最強のアカモクを投入してからは、マジで飲むようにKK。なめっこい麺の特性を最大限に生かしきった、再登板ながら全く違う表情が楽しめる一杯だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「ネギコテラーメン 並盛…800円&ワカメ増し…100円」@ラーメンショップ いなべ北勢店の写真‪2019.10.14朝 老舗が気を吐くラーショにしては珍しく2017年オープンの新顔、経年による多少の汚れ以外は清潔感のある店。毎月の店休日をツイッターやインスタのアカウントで告知したり、女性向けメニューを置いたりと、ラーショらしからぬ新しい試みがユニークだ。

‪本品はラーショのド定番・ネギラーメンの背脂マシといった構成。店によるだろうが燕背脂系で言うところの中油程度は入っており、独特の甘みがポイント。お馴染みのシャバ豚骨スープに幅を付与し、麺・ネギ・ワカメをまとめて食わせるヒキを形成。

やはりこの3種の神器は一度に啜ってこそトッピングした効果が最大限に発揮される。シコシコ麺にシャキッとしたネギ、そこにワカメの僅かな滑りが加わる事で、他品では決して味わえない愉悦を呼び覚ます。朝から一心不乱に啜れる、ワークアウト後にピッタリの超ハイエナジーな一杯だ。‬

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「三重二郎 RED 890円」@フジヤマ55 近鉄四日市店の写真今回はラーメン・・ ガツ盛りのを。

ここの二郎系は『三重二郎』。
それの更にボリュームUPしたのがフジヤマ二郎で、仕上げにカイエンペッパーをまぶしたのは、それぞれにREDがつく。

三重二郎REDを麺大盛、メンマ・もやし増量。
ここの無料トッピングは ニンニクのみ。
野菜増しも別途料金。


このタイプのラーメンはまず、お腹をペコペコにすることが条件で、味よりも 中毒性で食べさせるてな感じだから、途中で飽きてくることも多いが、今回のここのは、最後まで飽きがくることもなく 結論 美味しくいただけた。

特に つけ麺と同じ麺かな? この麺がラーメンとしても なかなか旨かった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「塩バターらーめん 700円」@らーめん いろはの写真JR紀伊長島駅から 程近くに在る。

クルマなら、国道42号線の 東長島南交差点から駅方面に入ればイイだろう。

百五銀行の隣で、2・3階がアパートで 1階が目的のラーメン店含む 数戸のテナントとなっているタイプの建物となっている。


東紀州において、大台町三瀬谷(一富士)~和歌山県新宮市(速水)の間では、間違いなく 一番の店だろう。そもそも この辺りでは、ラーメン店そのものが少ないが。

カウンター9席に、テーブル席3卓。
土曜日 昼11時半頃の到着で、自分が着いた頃は まだ空席があったが、ほどなくして カウンター席も含め満席に。外に待ちも出来た。


つけ麺以外なら、多彩なラーメンが メニューに揃う。

私は 店主が一番好きだったという、塩バターらーめんを。麺中盛り、メンマトッピングでオーダー。

おお、スープは優しい味わいながら、コクも十分。
さっぱりした味だが、バターを徐々に溶かしていくことで、まろやかさもアップ。

麺も、このタイプに多い 高加水の中細縮れで、シコシコとしていて歯ごたえもある。

なかなか美味しく、スープも全く抵抗なく全汁で完食した。

若い店主は、有名店かどうかは知らないが、しっかりしたお店で修行してきた方のようだ。


レギュラーメニューに豚骨ラーメンはないが、現在 期間限定メニューで豚骨ラーメンが提供されていて、このラーメンのみ 替え玉が可能になっている。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ドラゴン味噌肉ラーメン 840円」@北海道らぁめん 伝丸 1国四日市三ツ谷店の写真短期間ながら 24時間営業だった時期があったが、それ以来。

現在、期間限定の『ドラゴン味噌肉ラーメン』というのがあり、それをいただく。

もやし、メンマはデフォでも載っているが、増量という形でのトッピング(それぞれ 120円)で、ちょっとしたガッツリ系のようなビジュアルに。

盛ったモヤシの上に刻み青葱、更にペッパー状の唐辛子をまぶし、その頂上に辛味噌がデンと。
山形のからみそラーメンや、静岡の味噌溶き系ラーメンのように、上の辛味噌を崩して食べ進めるタイプのラーメンだ。

勿論、麺大盛は無料なので、大盛でオーダー。


お品書きに、肉らーめんの味噌は 赤味噌にしかないので、このラーメンの味噌も 赤味噌がベースかな?

こういうタイプのは、辛味噌を少しずつ崩しながら味の変化を楽しむのと、最初から一気に 辛味噌を崩してスープに溶いていただくのと2種類の食べ方に分けられるかと思うが、最初 辛味噌を崩さず、辛味の無い部分から食べたら、コクがイマイチのように感じた。

そこで、辛味噌を少し崩し 辛味噌が馴染んだ麺を持ち上げ 啜ったら、一気にスープのコクと旨味が増したように感じた。


個人的な結論

ここの味噌溶き系タイプのは、最初から 一気に辛味噌を溶かした方が良さそう。
まあ、味噌を溶く前の スープのコクがイマイチのように感じたのは、モヤシを別トッピング(増量)したのも一因からかも知れない。トッピングのモヤシは茹で。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スタミナ龍麺 620円」@麺屋 龍の写真当初は、天風 松阪店となる筈だったが、オープン直前に『麺屋 龍』と正式店名が変更になったらしい。

成る程・・・

中華そばの 480円という リーズナブルさ。
卓上にある ニンニク醤油など・・・
天風 そのものだ。

あと、店舗データでは 席数は6席となっているが、実際は 天風になる予定だっただけあり、カウンター席にテーブル席もある44席。


土日はかなり混む天風でさえ、月曜日の夜は ガラガラになるだけに、その月曜日の 20時半頃に来たら やっぱり空いていた。が、客が途切れることもない。


スタミナ龍麺 620円 麺大盛 100円増。
トッピング メンマ、もやし 各100円。
これは税抜価格。
消費税込で 994円だったかな?

消費税と言えば、今日は9月30日。増税前最後の日だ。
翌日から消費税は10パーセントだ。


店の名前は違えど、やはり天風。

スープの清湯系のキレにコク、さっぱり感。
ガツンと効いた ニンニクと、程よくピリっと辛さを効かせた唐辛子等の風味。
炒めた シャキっとした白菜の優しい甘味。


やはり天風(の系列含め)では、スタミナが一番の好みだわ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「極みの味噌らぁめん¥890」@開花屋 楽麺荘 御在所SA店の写真2019.09.19 11:20入店。三重遠征から名古屋への帰り道、この付近では大きいSAにピットイン。まだランチタイムには時間があるが食っていきましょうか。何やら本SA名物という表題をポチっと。チャーシューの上に味噌ダレ?が掛けられたビジュアルの一杯。スープは地元老舗醸造所「伊勢蔵」の味噌を使用とのこと、赤味噌でなかなか深みのある味噌ダレだ。香味油をもう少し増やしてコクを出せば文句がないスープだ。黄色みがかった中細麺は硬めの茹で上がり。味噌らしい雰囲気を醸し出す麺だと思う。具材は野菜、キクラゲ、コーン、半味玉、チャーシュー。野菜はシャキシャキな超浅茹でタイプ。炒めじゃないのもコクが今一歩の原因だろうか。その他具材は次第点。

もう少しコクと濃厚さがあると良いと思う。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件