なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「塩 わんたん」@らーめん 鉢ノ葦葉 本店の写真8月 水曜日

日本全国のラーメン屋さんをまわるという独身貴族ならではのプロジェクトを発足しまして、第1回目の旅となります。なかなか連休がとれない仕事なのですが、これからは連休は必ず旅行に行きたいと思います。

さて、新幹線で名古屋まで行き、そこから特急に乗って近鉄四日市駅まで行き、そこから徒歩10分くらいで11:00頃到着しました。

既に外に4名待っていらっしゃいます。その列に接続し、そこから20分程してから中待ちに昇格し、そこから10分程で着席しました。店内はアットホームな感じのつくりでお客様が多く、活気があります。

「塩 ¥780」
「わんたん ¥150」

券売機は入り口左手にあります。栄光ある初訪問ですのでまずは左上の法則で塩にしました。ブログによるとわんたんを推している感じだったのでわんたんもトッピングしました。デフォでも1個ついているとのアナウンスがありましたが、ワンタンが好きなのでそのままお願いしました。

卓上を見ると、割り箸、プラ箸、ティッシュがあります。お水は卓上にあります。紙ナプキン、爪楊枝、ティッシュ、髪留めはスタッフにお願いするようです。

並び始めてから50分程で提供です。暑い中厳しい戦いになりました。

ここからは、馬鹿舌スカウターを目一杯働かせます。

まずは、スープを一口。大好きな揚げねぎが効いている美味しいスープです!!鶏ですかね・・・動物系の出汁の味を感じます。後味もすっきりしています。

麺は、口あたり滑らかな細麺です。スープとの絡みも上々です。

具材は、メンマ、ねぎ、チャーシュー、ワンタン、揚げねぎですかね・・・

ワンタンは生姜が効いていてとっても美味しかったです!

お腹メーターは4割くらいになりました。この旅は連食三昧で頑張りたいと思います。

後客は15名超でした。人気ありますね!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「吉平らーめん」@吉平らーめん 御在所SA店の写真2017年8月31日

動物系メインのスープは背脂が若干浮いています。動物系ですがしつこさはなくほどよく旨味があってまあまあです。麺は中太麺でいまいちです。チャーシュー、メンマともに特徴はなく普通です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「赤暁+鶏そぼろご飯」@鶏暁の写真7月5日14時30分訪問

三岐鉄道沿線の道を走っている途中、ぽつんとある小屋を発見。
道を戻り近づいてみるとまさかのラーメン屋。
こんなところにあるのか・・・と思いながら、昼食もまだだし寄ってみた。
券売機にて食券を購入。

■スープ
あっさり鶏白湯。
辣油系の調味料でパンチをプラスしてる。
見た目的に担々麺なんだけどそっちの味ではない。
まぁいわゆる「物足りなさ」を感じるのかもしれない。
■麺
中細のちぢれ。モニュ系。
■具
鶏辛ミンチ、鶏つくね、ねぎ、ニンニクの芽だっけ。
全体的にふんわりとした優しい味。

個人的にはもう少し濃厚な鶏なのかなとも想像したんだけど、トータルで全体的に大人しめ。
地元の人はそっちのが好きなのかもしれない。
当分行く機会はないような場所ではあるが、またふらっと立ち寄れたらそのときはまた別のメニューを。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「限定 冷やし煮干しらーめん」@登里勝の写真7月4日19時30分訪問

2日連続。

この日はレンタカーを借りたので、まだ赤く染めていない奈良に行こうと決めていました。
なんですが、奈良にいっても天理ラーメンしか行く予定はなく営業時間も遅くまでやっているため、昨日に引き続いて限定をいただいてみたいなと。
そういうことでの訪問です。
■スープ
冷やしの煮干し塩スープ。
まぁタイトルのまんまなんだけど。若干ビターなバランスで大人な味わいのスープ。
どちらかというと出汁に近いけどそれでいて濃厚な煮干しのじんわりとした味わい。
レビューを書いている(8月31日)でも舌がこの味を思い出せるということはかなり印象に残っているんだと思う。
■麺
細麺の平打ちぎみのストレート。麺は自家製でかなり量がある。
コシもしっかりしていてのど越しも良い。
■具
豚チャーシュー、鶏チャーシュー、たまねぎ、岩のり、メンマ、三つ葉、あられ、伊吹いりこ。
たまねぎ、岩のりのスープとの相性も良く、最後まで楽しくいただけた、
伊吹いりこは出汁取りに使用されたものだと思われるが、まぁ個人的にはいらないんだけど、器の中を泳ぐ魚に見立てられていて、そういう表現という意味があるなら良いかなと。

昨日に引続き訪問したが、やはりクオリティ高かった。
こういうお店が家の近くにあるといいなぁと思わせる店。
並ばないでこのクオリティは素晴らしいと思う。
このあと奈良に行くため、焼き鯖寿司を食べられなかったことは残念である。

店の中に飾られてるオーパスワンやパヴィヨンルージュが気になった笑
寿司屋をやっていたときは、寿司にオーパスワンをマリアージュしていたのだろうか。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「しょうゆらぁ麺+はまぐり」@登里勝の写真7月3日21時15分訪問

いやぁ、待たせたな(笑)
ってことでようやく来れました!!
仕事終わりに飲んだ後、地元にいる友達を呼び出してこちらまで来ました。

■スープ
鶏清湯煮干し醤油スープ。
使用されているのは、熊野地鶏、奥美濃古地鶏、名古屋コーチンとかだったと思われますが、よく覚えてません。そこに伊吹いりこを加えているとかそんなんだったと思います。
じんわりとした醤油の美味しいスープ。結構煮干ガツン系かと思いきや動物とのバランスがしっかり取られたもの。
なにより、トッピングで蛤を頼みましたが、スープにしっかりと旨味が乗っかってこれがまた美味い。
出汁がしっかりしているってのも要因かもしれませんね。
■麺
細麺のストレート。自家製麺は角切りで食感が楽しい。
小麦の香りもあっておいしい麺です。
■具
豚チャーシュー、鶏チャーシュー、三つ葉、メンマ、あられ、蛤。
豚はロースでむっちり。鶏はしっとり。
なんと言ってもやはり蛤ですね。大きさも十分でプリプリで最高。さすが名物。
■焼き鯖寿司
この炙られた鯖のおいしいこと。これは注文する価値がありますね。

桑名に隠れた名店があったなと。
これは皆さん是非行ってみてよいと思いますよ。

知り合いは塩をチョイスしてました。
少しもらったけど、蛤追加するなら醤油、しないなら塩。そんな感じだったかな。

もう三重に行くことはもしかしたらないかもしれないけど、名古屋に行くことはある。
また時間を見つけて桑名まで来たいと思いますよ。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「あおさラーメン@850円」@吉平らーめん 御在所SA店の写真昼に入店。
PAの店ですので、席に困ることはありません。

スープは、あおさの香りとほどよい塩の香りがします。チャーシューも厚く、美味しいです。

美味しくいただけましたが、値段は若干高め。
24時間営業無休であれば十分のポテンシャルでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油とんこつ」@あま晴らし 伊賀上野店の写真具はバラの叉焼、キクラゲ、ネギです。

ビジュアルは熊本ラーメンのような感じで豚骨醤油スープはコッテリ感も無く肉の旨味もしっかり出ていて食べやすい。
麺は茶色い麺肌の極細ストレート麵で硬めに茹でられているので独特の食感と喉越しです。
醤油辛く味付けされた叉焼は少しだけ存在を残して消えていくというくらい柔らかく、このスープの味付けにも合っていて旨し♪
単品であればビールが欲しくなるといった感じ…
コリコリとしたキクラゲの食感も堪能しつつ完食です~

最初にニンニク入れても良いか聞いてくれます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らーめん 750円」@海海らーめん 桑名店の写真8月10日三重県遠征
なーんでサキアゲしまーす!笑

違うんです!違うんです!違うんです〜!泣
登里勝さんと言うお店に旨そうな冷やしがある!
とRDB直近レポにて知りましたので、本日朝に
お店をチェックしてナガシマスパーランドに‼️
散々子供達を遊ばせて行くつもりでしたが、結局、
プール時間が長引き、夕食後の1チャンスのみ。

飲み過ぎない様、心掛けた夕食でしたが、ハマグリ
やら地元酒やら…でホロ酔いは進み…。
結局カナーリ出来上がった状態でのシメラーに
なってしまいましたね…。笑

この状態での徒歩は迷いに迷い、ようやく到着。
しかーし…昨日からお盆休みとの事で撃沈…泣

知らない地区で夜でも猛暑の中、歩きまくり…。
Tシャツが絞れるくらいの状況だったのに…。

コリャ三重県レビューが出来ないかも…と思った
その瞬間!少し先にらーめん!の看板が!

ちなみにこちらのお店はRDB登録はあるものの、
レポ無しでした!よっしゃ!1stレビュー‼️

では!

スープ。
アレ?期待して無かったから?
ミネラル豊富な感じで素晴らしい塩スープぢゃん!
やっぱ期待しないで入るのがイイんですかね〜!
予想を相当裏切る旨味の濃い味わいですよ‼️
まぁ…無化調では無いかと思いますが。

麺。
流行りの細パツやザクコリは皆無ですが、程良い
固めな細麺との塩味は呑み助の身体に染み渡る〜。
麺量は少々物足りなさが残りますが、散々ハマグリ
と地元酒の作を堪能したワタクシにとっては、もう
充分過ぎる量だったかも。

具材。
サイズ小なチャーは少々ショッパ目も食感良し!
メンマは普通過ぎてノーコメントとします。
白髪ネギ・薬味ネギは食感良くイイ存在感ですが、
半味玉はデフォが嬉しくも、味わいは普通かな。

でもね…。
食べれないと思ったらーめんは凄く感激しますね。
だから勝手にプラス3点してイイっすかね。笑
深夜3時から5時間半運転して、子供達とのプールで
消耗しまくった身体に、グビグビ酒三昧の泥酔状態
で実質5km歩いて見つけた麺屋さんでしたから、忘
れないお店になっちゃって…。笑

でもホント塩スープは旨かったんですよ〜!

三重県初上陸はほろ苦いレビューとなりました!

明日はいよいよ大阪入り!
大阪は2日間で最終日がUSJなんで、明日は時間を
作って甲子園でも行っちゃうかな〜!

ごちそうさまでした!

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン」@伊勢ラーメン88の写真要領が分からず無難な醤油ラーメンをチョイス。ストレート細麺に色が、濃いめの醤油ダシで、あと味に少し甘みが残る感じで麺も普通に美味しいです。
店内が小さいつくりでカウンターが、キチキチで、狭いので、隣との距離がないので食べるのに気になるかも。メニュー写真が無いので初めての人は、分かりにくいです。おすすめを聞いてから頼んだ方がいいと思います。今回は、インター入口前で入りやすかったので、立寄りました。
ご馳走様でした。^_^

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(味玉トッピング)」@つけ麺 いちりんの写真【店名】                          いちりん



【場所】                          桑名市





【営業時間】                     11時30分~14時



【定休日】                         水曜日



【席数】                           16席


 

【メニュー】                    つけ麺(味玉トッピング)



【値段】                           900円



【つけ汁】                       魚介豚骨醤油



【麺】                           太麺ちぢれ



【点数】                            74点



【感想】



名古屋の名店でも有る〝丸和〟出身の店主が営む〝いちりん〟。メニューは、〝つけ麺〟・〝カレーつけ麺〟・〝まぜそば〟の3種類が基本となる。今回が初めての利用と言う事で、ノーマルな〝つけ麺〟を味玉トッピングで注文する。麺の量は、並盛り(250g)・中盛り(300g)が800円と同じ値段なので、中盛りでお願いする。〝つけ汁〟は、野菜を加えた、所謂ベジポタ系の魚介豚骨醤油。修行先と同じく、グツグツト石の器から沸騰している〝つけ汁〟。中央に盛られた玉葱を〝つけ汁〟に混ぜ合わせてから、蓮華を使い、少し味を確認する。すると、魚介系の風味を感じた後に、濃厚な豚骨の旨味を感じる。酸味は抑えて有り、醤油の辛さも見た目よりも控え目。そして、魚介の風味や豚骨の旨味以上に、野菜の甘みが口の中に広がる。野菜を使っている、ベジポタ系らしく、強めのトロミが有り、口当たりがクリーミーでマイルド。シャキシャキとする玉葱がアクセントになっている。そして、徐に、麺を投入する。自家製麺らしく、モチモチとした独特の食感に、十分過ぎる程の〝つけ汁〟のトロミのお陰で厚みのある絡み方をする。歯切れも良くて、小麦粉の香りと甘みも際立つ。〝つけ麺〟の欠点として、どうしても〝つけ汁〟が冷めて行く事が挙げられるのだが、最初の熱々の時は、濃厚な〝つけ汁〟の旨さが引き立つし、〝つけ汁〟が冷めれば、逆に〝麺〟の旨さが際立つようになる。この違いが明確に分かる店は、丁寧な仕事をしていると感じる。味玉は、しっとりとした白身の淡泊さと半熟の黄身のネットリとした感覚が良くて、口直しに良い。〝つけ汁〟の中に、メンマとチャーシュー。メンマはコリコリしていたが、チャーシューは思ったよりも薄いタイプで、味を確かめる前にき胃の中に消えて行った。スープ割はさ用意されていないので、ライスを投入すれば、雑炊に変わる。目新しさは感じないが、悪くは無い

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件